世界レベルのダブルポールと自分のスピード

今日は待ちにまった
登りのスピード練習でした。
これだけスピード練習をやっていると
楽しくなってきてしまうもんです。

Today’s training was an uphill speed session on classic rollerskis.

We did 8~9min speed x 5 intervals.

I felt strong today, and my form was quite good I think.

Especially in double poling.

Before I had no chance in double poling to keep up with the others.

But today, I could.

That is the good point.

登りのスピードを、強度はfastで8分10〜20秒を4本。
最後は少し長くして10分20秒くらいを1本。
合計5本やりました。
コーチは6本目やるかー?
という感じでしたが、誰もやらなかったので
僕も結局やりませんでした。

それくらい今日は満足できたスピードでもありました。
心拍数もしっかりと上げることができたし、
ちゃんと人についていくこともできました。
今日はCalle Halfvarsson,あとはSimon Anderssonと
一緒に滑ることができました。
Calleは世界選手権で6位になっている世界的な選手。
Simonは僕より年が1つ下で、スウェーデンのディベロップチームに入っています。
ナショナルチームのBチームみたいなものです。

今まではダブルポールで全くついていけていませんでしたが、
今日は途中のつなぎのダブルポールも離されることなく、
しっかりと押すことができました。
これはかなり良い感覚です。

ただ5本スピードをやった中で1、2本目が心拍数も少し低めで
滑りもあまりいいものではありませんでした。
試合でもスタートのエンジンのかかりが遅いタイプです。
ガッツリ追い込んでから身体が動くようになるというのは
新たな発見だと思います。
試合のアップでもこれを取り入れて、
スピードをけっこうやってもいいのかもしれません。
これは自分で検証していくしかありません。

今日1つ世界レベルを見せつけられたのは
Calleは僕より負荷のもう1つ高いローラーを使っていたこと。
なんだかローラー滑ってないよな〜っと思っていましたが
やっぱりそうか!
それであのダブルポール、登りのスピード。
世界の上位で戦うレベルはまだまだ上です!
これにはビックリですね。

上を見なければ!
ダブルポールをもっとパワフルに。
ポールをつくときのインパクトを大きくするために
上から押したいと思います。
あとは登りでアタックできる身体のキレ!
これも必要ですね。

改善点はいっぱいあるけど、トレーニングは楽しい!
速くなるため、強くなるため、できることをしっかりとやっていきます。
写真-74
まさにLIVE SIMPLY

ありがとう。

akira