ひたすらダブルポール

スウェーデンに来て初めての2部練習。
easy weekでもあるし、baseトレーニングなので楽だと思っていたが
考えが甘かった。

クロスカントリースキーの練習は
VO2max(最大酸素摂取量)と乳酸値のテストをして、
そこからおおよそのトレーニング強度を心拍数によって決める。
日本で今まで使っていたレンジは
base, medium, fast, maxと4つのレンジに分ける。
ここスウェーデンではAⅠ,AⅡ,AⅢ,AⅢ+
とほぼ同じ強度で4つのレンジに分ける。

今日の午前中のメニューはローラースキー2時間30分
強度はAⅠ、一番低い強度だ。

ただスウェーデンにはダイヤゴナルや一歩滑走という言葉がないのかというくらい
みんなダブルポールしか使わない。
ダブルポールでずーっと行くわけです。

そしてローラースキーも日本では通常のタイヤを使っているけど、
ここでは1つ負荷のあるやつを使っている。
スウェノールで言えば2番タイヤが通常のやつ、3番タイヤが回転を遅いやつ。

その3番タイヤを借りて僕もやりましたが、
2時間で限界が来ました。
上半身に力が入らなくなり、もうダブルポールをできないところまでいきました。
そこでコーチが別の少し、負荷の軽いローラーにチェンジ、
一歩滑走なども使いながらなんとか帰ってきました。

結局2時間50分以上かかりました。
みんなひたすらダブルポール、男子の速い人達は
バーサロペットというロングディスタンスレースで活躍する人たちなので
異常なくらいダブルポールが強いのですが、
それ以外の他の人と比べても圧倒的に弱い。
女子も通常の2番タイヤですが、2時間半以上ひたすら男子と同じペースでダブルポールをしています。

鍛えなければいけない部分が明確で分かりやすいので頑張っていこうと思います。
ただ正直悔しかった。
こういう練習で身体が全く動かなくなるのは初めてだなー。

そして午後は30分のstrength(自重中心のトレーニング)と
またこりずにローラーでダブルポール1時間。

上半身を徹底的に鍛える。
今年はやります!

下半身に比べて、上半身は鍛えやすいそうなので
しっかりと鍛えます!

写真-43

 

ありがとう。

akira