ポールの長さについて思ったこと

大学卒業後スウェーデンに来るようになって
これが4回目の夏です。
来た当初の頃からダブルポールの強化を重点的に行ってきました。

来た1年目より今年の方がチームでも
ダブルポールへの技術の理解は進んでいて、
よりポールに体重をかける(ポールにぶら下がる)イメージで行っています。

コーチ達もノルウェーのSundbyのテクニックが
1番の基本に忠実なテクニックとして参考にしているみたいです。

僕もだいぶんダブルポールは強化されてきたと思いますが、
さらに上のレベルに行くために
今はポールの長さをどうすればいいのか試行錯誤しているところです。

一般的にダブルポールには長めのポールがいいと言われています。
ダブルポールのみ使用する試合では通常のクラシカルポールより長いものを使用したりします。
チームでも長めのポールを使用する人が今多く、
コーチも僕のポールが短いから長めの試してみればということで
長めのポールを試し始めました。

僕は身長182cmでクラシカルは153cmのポールを使っています。
ちなみにフリーは163cm使っています。

自分でもポールを突く前に、
少し余分な時間があるから長めにした方が
長い時間押せるかな?と考えました。

まず157.5cmを試しました、4.5cm長いポールです。
これはさすがにちょっと長く感じて
タイミングも噛み合わないので
1.5cmカットして今は156cmを試しています。

3cmの違いは想像以上に大きく、
最初はタイミングが狂いましたが、
今は良い滑りになってきたと思います。

ただまだ強く叩きつけるようなダブルポールを出来ていないような気がします。
どちらかというとぶら下がる様なイメージ、
しかもやっとぶら下げているような感じ。

タイミング良く全体重をポールにかけることで
大きな力になるので今のフォームはそこまでいけていない。
もちろんまだ長さに慣れていないというのもあるかもしれません。

そんな風に長さに迷っている中、
昨日ノルウェーで行われているToppidrettsvekaというローラーの試合の映像を観ました。
昨日が最終日の15kmクラシカルでしたが、
スタート前に並んでいるPetter Northug選手のポールがけっこう短く見えます。
あれ?こんな短めのポール使ってるのかな〜?
スクリーンショット 2016-08-21 21.41.27腕の角度や身体とのバランスを見る限りけっこう短めだと思う。

気になって冬の映像も観てみました。
スクリーンショット 2016-08-21 22.10.39ちょっと分かりにくいですが、
ポールはほぼ垂直についているのでけっこう短い。

スクリーンショット 2016-08-21 22.02.54SundbyはNorthugよりは長め。
肩近くまでポールの長さがあります。

スクリーンショット 2016-08-21 22.01.32クラシカルの実力者DyrhaugはSundbyより短め。

要するに個人個人好きな長さを使っているということ。
僕の場合153cmでも自分にとってそれが一番しっくり来るならそれでもいいし、
156cmの方がいいと感じたらそれでいい。

自分のめざす滑り方にもよると思います。
まだ自分でもどの長さがベストか分からないので、
僕はもう少しテストをしながら
一番しっくり来る長さを見つけたいと思います。

ありがとう。

akira