新たな土地、新たな生活

Stockholmのcafeで朝が始まる。

写真-34

 
街は時間がなくてほとんど見られなかったけど、
建物が綺麗な街だった。
海の方も見たいし、お店も色々見てみたいな。

でも実はStockholmで暴動が起こっていたなんて。
全く知りませんでした!

Stockholmの街からバスに乗り空港に戻り、
荷物を引き取り電車に乗る。
そこから約2時間半の電車の旅。

写真-32

 

写真-33

森と湖しかない景色だけど、日本と違うなーとか
日本と似てる森してるじゃんとか思いながらFalunまで来ました。

Falunでは無事自分の住む部屋にたどり着き、
必要なものを少し買い、ここでの生活が始まりました。

コーチが優しくて本当に助かります。
海外から飛び込んでくる自分のような人に対しても
親切に対応してくれます。

ありがたいな〜。

住む場所は学生寮みたいな場所。
他にも若者がたくさんいて、なにやら騒がしい場所です。
言葉のことだったり、この生活スタイルだったり、
円安+物価の高さへの不安だったり
不安要素を探せば色々ある。

だけど、間違いなく学ぶことが多いと。
今日コーチと少し話しても思った!
早くみんなとトレーニングしたいなー。

だけど焦らずあと3日ほどゆっくり自分のペースで
部屋の準備やトレーニングをします。

ありがとう。

akira