スキーテスト

AM A1 ski F 2h
PM A1 ski C 1h40min + A1 running 15min
今日はスキーテストを1日しました。

今季はナショナルチームのワックスマンも変わり、
ストラクチャーの選定方法も変わりました。
今までは10台スキーがあれば、
10種類のストラクチャーをそれぞれ入れて
試合前日にスキーテストをして1番滑るものに
ワックスを塗って試合に出るという方法でした。

今年からはストラクチャーの数は
cold、universal、wetの約3種類に絞り
スキーテストをして滑るスキーを見つけるという方法になりました。

スキーは同じように見えて
それぞれアーチの高さや、ベンドの硬さ、滑走性等が違います。
そして良いスキーというものはどんなコンディションでもだいたい滑るそうです。
だから今はまず自分の持っているスキーに同じストラクチャーを入れて
どのスキーが滑るのかを見つけています。
昨シーズン試合に1番出たスキーはやはり1番滑りました。
今シーズンのスキーの滑りはいまいちでしたが、
またワールドカップにいって新しいスキーと交換して
テストをするという繰り返しの作業の中で自分に合った良いスキーを探します。

ストラクチャーは基本的なストレート系を入れているので、
今シーズンは試合のたびにその上からハンドストラクチャーというものを入れます。
それはその日の条件に合ったハンドストラクチャーを入れます。

というように、昨年とはスキーのストラクチャーの選び方
そして管理の仕方が変わったので、
今はワックスマンと相談したり、
スキーを手入れしたりする時間が多いです。
でもこの作業が自分のスキーのことを知ることになるし、
けっこう楽しいんです。
IMG_0373多くの人がスキーを並べてスキーテストしています。

IMG_0374これでもお昼間近。
北極圏はちょこっと太陽が顔を出す程度で暗いですよ〜。

ありがとう。

akira