ロングダボルポールトレーニング

AM A1 roller ski C dp 3h30min
PM rest
長い長いダブルポールの練習をしてきました。

3時間30分はいくら平地と言っても長く感じます。
それでも今日は調子よくできた方かな!
今日は前回のスピード練習で指摘された、
上半身の起き上がるタイミングについて考えながら滑りました。

僕は上半身が早く起き上がってしまう癖があるため、
それが原因でトップスピードが出せない原因の1つだと思います。
上りでダブルポールをやるときはピッチを上げる必要があるのでそのフォームでいいのですが、
平地や下り始めてスピードを出すときは、それでは体重をうまくポールの乗せれません。

だから少しだけ上半身を起こすのを待って、
腕の戻しと一緒に起こすと自然と体が前にいき、
ポールに体重が乗せられる。
たしかにポールに体重がより乗っている感じがして
1回1回より進むダブルポールになっている気がします。

イメージではこんな感じですが、まだうまくいかず。
そしてそのポジションがきつくてなかなかキープできない。
これはポジションそのものが違って無理をしているのか
それに慣れていない僕の体が弱いのかどっちか。

今度ビデオを撮れるときに撮って確認しようと思います。
こうやって試行錯誤しながら速いフォームを手に入れていく。
かっこよくスピードを出せる速いフォーム身につけたいな〜!

午後は休養。
このFalunに来て今後トレーニングをしたいというイタリアの人に会ってきました。
今回は2週間滞在して様子を見て、できれば来年の春から参加したいそうです。
僕もスウェーデンの人が快く受け入れてくれたので、
そういう親切な部分は他の人にも伝えていきたいな〜。
Falunの環境はその人にもおすすめしておきました!

そしてイタリアのナショナルチームに所属しているほとんどの人が
軍隊所属だと今日は初めて知りました。
クロスカントリースキーはイタリアではマイナースポーツだから、
スポンサーがつかないから、軍隊でしか競技を継続できないそうです。
日本でも競技継続は難しく、冬戦教という自衛隊に所属しているアスリートが多いので
似た様な状況ですね。

こうやって色々な人と会えるのも
競技をやっている良さの1つだな〜。
明日は1日休養!
月曜日から始まるhard weekに備えてたっぷり休みます。

Exif_JPEG_PICTUREFalunの世界選手権で1番お金がかかっているのはジャンプ台の改修。
そしてスウェーデンにはジャンプの選手がほとんどいない。
だからすごく批判が出ているとか・・・
今行われているサッカーのワールドカップもブラジルで反対が凄く起きたし
スポーツイベントも開催のやり方、施設問題を考えていかないといけないですね。
具体的な良い策は今ないけど、スポーツイベントはいいものだと思っているだけに
できるだけ反対がでない方法を。

ありがとう。

akira