トレーニング方針の決め方

AM A3 roller ski F 14min×4 flat&uphill
PM strength 1h20min
スケーティングでのスピードトレーニング、きつかった〜!

平地と上りが半々くらいの割合なのですが、
上りはけっこう傾斜もあってきつい。
そして平地でいかにスピードを出すかで勝負が決まります。
今日は男子は3人のみ。
僕と、今ここにきている大志、そしてここの人。
今日は大志が速くて置いてかれました。

緩い上りでのスーパースケーティングで差があるな〜。
僕の滑りも良くなってきた気はするのですが、
まだいまいち自分の力が全て推進力に変えていない気がします。
力が無駄に消費されているような気がします。
もっと細かく意識していかないといけない、
感覚をもっと研ぎすますというか、感じながら。

簡単にはできないからこそ、毎日取り組まないといけない課題ですね。
やるしかないな〜!

午後はウエイトのみ。
ウエイトトレーニングだけを行うことは少ないのですが、
今週はeasy weekだからこういうこともある。
フィンランドで教えてもらった、スピード系のウエイトトレーニングもやろうと思ったけど
今日はこっちでずっとやっているメニューをやりました。

コーチや人によって考え方が少し違って、
どの人の考え方に従うのか、良いと思うのか、取り入れるのか、
この判断がけっこう難しいのです。

これをすればオリンピックで優勝できます
って決められたメニューはなく、個人で必要なトレーニングは違ってきます。
もちろん結果を出している人たちのトレーニングが正解に近いトレーニングなんだろうけど、
それが自分に合うかどうかも分からない。
そして、トップレベルにいる人たちも様々なアプローチでそこにたどり着いています。
方法が1つじゃない、だからこそ難しいんですね。

スウェーデンのコーチの方針と、
今回新しく日本代表のコーチになったフィンランド人のMikkoコーチの方針は
トレーニング内容の点において少し違います。
テクニックはほぼ同じ方向性ですが。

この違った点をどうするか。
僕は自分で納得して、このトレーニングがいい!と思ってやりたいタイプなので
新しいトレーニングの考え方が入って来た場合はよく話を聞いて
現在は1番観てもらっているのがスウェーデンのコーチなのでスウェーデンのコーチに相談します。
これは1番信頼しているコーチということだと思います。

まだウエイトトレーニングは相談していませんが、
近いうちに相談して自分の中で納得してオフシーズンのトレーニングを進めていきたいです。
自分を信じるには、たくさんの人の手助けが必要ですね。
いつも支えられています、ありがとうございます。

明日は午前に3時間半のロングトレーニングの予定!
写真-311

ありがとう。

akira