良いパフォーマンスのためのトレーニング

15分のタイムトライアルを2回行いました。
今日はスケーティング、前回の滑りの悪いところを修正するのにいい機会でした。
体の動きも少し良くなってきて、技術も前回よりは良くなりました。

15分という、スピード練習の中では長い部類に入るトレーニングでしたが、
良いテクニックで滑ることを第一に考えて滑りました。
2本目は後半少しバテてしまいましたが、
それでもこの間行なったスピードよりは体も動いてきているし、
トレーニングもある程度ボリュームを行なってきたので、
あとはスピードトレーニングをしっかり行い、休養を取れば
1週間後のワールドカップには良いパフォーマンスができるくらいまで
コンディションは上がってくると思います。

シーズン中のトレーニングはけっこう難しいものです。
当たり前のことですが、1番は試合で良いパフォーマンスをするためにトレーニングをします。
しかしこれがトレーニングのためのトレーニングになってしまうことがあります。
トレーニングをしないと不安だからやる、そして疲れる、大会で良いパフォーマンスができない。
以前の僕もこれで失敗したこともあります。

もしかしたら試合と試合の合間にトレーニング量をこなせるだけの
体力がなかったということかもしれません。
強くなれば強くなるほど、シーズン中のトレーニングもしっかりでき、
シーズン最初からシーズン後半までしっかりと良いパフォーマンスを
維持できるのではないかと予想しています。

今回の僕の場合は1週間後にワールドカップ、
その2週間後にオリンピック、
さらに2週間後にワールドカップと
トレーニングと休養を取る時間が十分にあるので
うまくピーキングをしていきたいと思います。

技術的には前回のスピードトレーニングより
腰の位置が高くなり良くなっていましたが、
上半身が前傾しすぎていることにより、押すときに腰の位置が落ちてしまっていました。
上半身はもっと立てて、キックは真横に。
手は押したらすばやく戻して。

考えることはたくさんありますが
良いフォームだと楽に進むし、スピードも出る。
いいことだらけなので、楽しく取り組んでいきます。
IMG_0531

FacebookでTEAM AKIRAのページがあります。
https://www.facebook.com/teamakira.xc
このブログの更新情報、そして写真やクロスカントリースキーの情報も更新していこうと思っています。

ありがとう。

akira