Far East Cup 札幌3連戦

1月6〜8日まで札幌でFar East Cupの3連戦が行なわれました。
結果はクラシカル10km 2位、スプリント 5位、フリー10km 優勝でした。
優勝するのは難しいですが、最終日に優勝で締めくくれたことは良かったです。

Akira Sapporo podium 2014-01-0812-09-25-1フリーで優勝したときの表彰式。

年末に行なわれた音威子府からの流れで
ここでの3連戦も全て優勝するのが目標でした。
しかしそう簡単には優勝できませんでした。

初日のクラシカルの試合は前半の5kmをトップ通過しました。
まだ余裕もあり後半勝負と思っていましたが、
降雪が強くなり、コースに雪が積もってきてスキーが滑らなくなってしまいました。
今回のスタート順は1番良いシードの人が後ろだったため
2周目はコースに人があまり滑っていません。
余計にコースに雪が積もりやすくなるため後半はかなり苦しい滑りでした。
そこでフォームが崩れ順位を落としてしまったので今後の課題です。

Sapporo-classic-640-x-300-1苦しい2周目のクラシカルの滑り。

Sprint heat 1 2014-01-0712-29-10-1スプリントの準々決勝で先頭を滑る。

スプリントは得意種目ではありませんが、フリースプリントだったのでチャンスだと思っていました。
予選、準々決勝、準決勝と順調に試合を進め勝負の決勝。
大事な大事な場面で後輩である宮沢大志選手と接触してしまい転倒。
5位に終わりました。
スプリントは位置取りが大切で接触もあることですが
ちょっと攻めるのが早すぎた気がします。
まだまだ経験が不足しているスプリントはこれからもっと出場していこうと思います。

Skate final climb 1 2014-01-0811-28-59-1スケーティングの試合のラストの上り。

最終日のフリーは絶対に勝つという強い気持ちで臨みました。
それと同時にフリーのディスタンスには自信がありました。
気温も高く、コースが固かったため平地は大きく滑ることを意識して滑り
上りで勝負するようにしました。
クラシカルの反省も生かし、後半にしっかりと勝負できたことが良かったです。

ただ試合内容は3試合とももっと良いパフォーマンスをしたかったです。
この試合に出ている人にいい刺激になれば嬉しいのですが、
そのためにはもっと良いパフォーマンスをしなければいけません。
その良いパフォーマンスを積み重ねることで国内のレベルも上がってくると思っています。
海外に行ってトップレベルを初めて観たときの衝撃、刺激。
これを日本国内でできるように、まずは自分が強くなります。

ありがとう。

akira