進化する世界、便利になる世界

2020年に東京オリンピックが行われると考えたとき、
2020年ってどうなってるんだろうな?と想像しました。
僕は30才になっています。

僕の名前と同じ「AKIRA」という漫画は
2020年東京オリンピックが開かれるという設定です。
30年前の漫画なのに、すごいですよね〜。
漫画自体はその前年2019年が舞台なのですが、
そこで描かれているような東京にはなるとは思いませんが
どうなるかは予想もつかないよなと思ってしまいます。

7年前は2006年。
僕は中学生ですね。
その頃iPhoneというものはなく、スマートフォンはありませんでした。
タブレットも。
でも今は多くの人がスマートフォン使っていますよね。
これから7年、どんな世界になるかは分からないなーと思ってしまいます。

ただこうやって便利になってなにかを追い求めていくことも
どこかで満足して止めるってことも必要なのかなって思います。
インターネットがあって、こうやってブログ書いたり
SNSを使うことで僕は日本とも繋がり情報を得たり、話をしています。
だからスウェーデンに住んでいても日本を遠く感じない。
これがなかったら海外に住むということは大変だなと思います。

インターネットがあって、どこにいても世界と繋がっていて。
飛行機で世界中のどこでもいけるようになって。
海外に住んでみて、今まで感じていた海外という壁がかなり低くなりました。
自分の好きなことをやり、好きな場所に住んでいる今はとても幸せな環境です。
それと同時に感じているのが、どんどん広く世界と繋がれる世界になっているからこそ
自分の元となる繋がりが大切だなと。
もっともっと身近な家族だったり、友達だったり、地域だったり
そういう繋がりを大切にしていきたいですね。

それはインターネットのみではできないことだし、
実際に自分が会って過ごす時間というものが大事だと思っています。

さらに良いものを。
アスリートだし、スポーツでも向上することをめざすものだけど
なんでもかんでもそうはいかないのかな。
これでいいと思うことも必要なんじゃないかとぼんやり考えました。
これ以上速く移動できる飛行機が登場しなくてもいいし、
どこでもドアあったらいいな!なんて思っていたときもあるけど
移動の時間も大切な時間ですよね。

もちろん成長を期待する分野もあります。
太陽光発電などのクリーンエネルギーはもっと効率よく、
コストがかからず設置できるものなどがあればいいですよね!
どこに力を入れるか、それは人それぞれだと思いますが
今後のことを考えていい方向に成長できていけたらいいなと思います。
写真-136今年のスウェーデンの夏は天気の良さは異常らしい。
ほぼ毎日晴れ!

ありがとう。

akira