こんなところでも戦争が

今日の午後のランニング。
リカバリーで60分走りましたが
戦争が行われた痕跡がいくつもあってびっくりしました。

写真-110この写真じゃいまいち分かりませんが
家の基礎みたいなものが残っています。
説明の看板によると、ここが軍隊の小さな基地みたいになっていたそうです。

写真-111手前にあるのも壊れた建物です。
こんなに景色の良い場所からも大砲など撃っていたそうです。

調べてみると、元々このStelvio峠の道路は
オーストリアが軍用道路として200年前ほどに建設したそうです。
そしてその後イタリアとオーストリアの戦争に発展しました。

最初はなんも知らなくて道路すごーい!
と言っていたけど、戦争のために作られたんですね。
そしてこんな山奥でも戦争が行われていたことに驚きました。
それだけ戦争って過酷な、異常な状態なものだと思いました。
2度と繰り返したくないですね。
この山にも色んな歴史があることが勉強になりました。

写真-112

写真-113でも本当に綺麗な場所だな〜!
左側の大きな山は3905m。
写真撮っている場所も2800mもあるからな〜。

スキーは調子がいいです。
まだショートダッシュはうまくいかないけど、
ベースはいい感じがします。

あと2日。
早いなー!

ありがとう。

akira